糖鎖不足を解消する手段|どうせなら健康に生きよう

男性

食べ物で改善

悩んでいる女性

基本情報

冷え性に効果があるといわれている根菜の中でも、ニンジンにはビタミンが豊富に含まれているため、血行が悪いことが原因となる冷え性に最適な食べ物といえます。生で食べるのはもちろん、火を通すことによって、ニンジンに含まれているβカロテンの含有率が上がるといわれています。βカロテンは体内に入るとビタミンAへと変わるため、これも冷え性に効果的な栄養といえるのです。また、ごぼうには、サポニンという成分が含まれていて、これには血液をサラサラにする効果があります。しかし、このサポニンは、ごぼうの皮に多く含まれていることが多いのです。ですから、冷え性の改善のためにごぼうを摂ろうということであれば、キレイに洗い皮ごと食べるか、皮を使ってごぼう茶として飲むことをおすすめします。

応用編

より効果的に冷え性対策をするためには、ごぼうがそうであるように、その食材の特徴を最大限に引き出して摂ることが大切といえます。まず、冷え性解消食材として有名なしょうがですが、生のしょうがにはジンゲロールと呼ばれる成分が含まれています。これももちろん体に良い成分ではありますが、体を冷やしてしまう可能性があります。ですから、しょうがを摂るときには、蒸したり煮たりして、ジンゲロールをショウガオールに変えて摂るようにします。こうすることによって、体の内側から温めることができるのです。他に、ニンジンはりんごと合わせてジュースにすると、生の栄養をたっぷりと摂ることができます。冷たい飲み物は冷えの大敵というイメージが強いのですが、ドロドロになってしまった血液をサラサラにし、それによって冷え性を改善することができる場合もあるので、試してみる価値がありそうです。